お知らせ 1 페이지

본문 바로가기
사이트 내 전체검색


DFWM’s Event   東大門のファッション卸売市場のイベントのお知らせです。

 

 

お知らせ

 

お知らせ 목록
small.jpg

[ニュース1] ソウル中区、新平和ファッションタウン商人550人マーケティング教育

        ソウル中区(区庁長チェ・チャンシク)は、東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団と18日中区区民会館大講堂で「ファッションマーケティング及び商人意識改革教育」を実施する。新平和ファッションタウン商人を対象にした今回の教育は、商人の要求に応じて設けられた。歴代最も多い550人の商人が参加する。新平和ファッションタウンは現在、1000個以上の店舗が位置している。6月に発表された東大門市場グローバル特化ブランド「アバウトディー(about D)」の案内で始め、ファッション卸売市場である東大門市場の特性に合わせたファッションマーケティング教育が行われる。講師としては、ファッションマーケティングの専門家であるシン・ジヒョクさんが出る。シン・ジヒョクさんは国内初めてのストリートファッションマガジンである「クラッカー」を創刊し、ファッションマーケティング代理店「クラッカーラップ」を運営しているファッション専門家である。この日の教育は午前11時に開かれる。商人たちは夜に営業し、昼にドアを閉める東大門市場の特性上、営業に忙しい夜よりは疲れても営業を終えた時、午前が教育に集中しやすいと言い、午前教育を希望した。一般人で言えば、仕事の後に学ぶ「夜間大学」であるわけだ。中区は「商人が変わらなければ伝統市場が住めない」という原則の下で伝統市場商人教育に集中している。昨年、一年だけ3000人の伝統市場商人たちが教育に参加する成果を収めることもできた。今回の新平和ファッションタウン商人教育をはじめとして、9月から新中部市場、三易ファッションタウン等一つの市場の商人たちが全員参加する大規模な教育を広げる予定である。チェ・チャンシク中区庁長は「教育を自ら要望した商人たちの情熱がそのまま東大門市場の変化と跳躍に繋がることを期待する」と言い、「中区も商人たちの力量強化に効果満点の教育プログラムを用意することに力を尽くす」と述べた。     <<著作権者©ニュース1コリア、無断転載及び再配布禁止>> 出先:http://news1.kr/articles/?3050172

NO.15   2017-07-19      

170629215825KakaoTalk_20170627_123026596.jpg

[ファッション南平和] 東大門市場内のグローバル特化ブランド「アバウトディー(About D)」

  東大門グローバルブランド品市場育成事業団は、育成化事業の初プロジェクトである東大門市場内グローバル特化ブランド「アバウトディー(About D)」を23日ローンチングした。今回の事業は国内ファッション卸売市場の中心である東大門市場を2019年まで国内外のバイヤーと観光客及び国内消費者たちが良く訪れる世界的なファッションの見所に位置づけするための事業である。東大門グローバルブランド品市場商人連合会、DOOTAモール、中小企業庁、ソウル市、中区庁などが協約を締結した。参加連合市場は平和市場、統一商店街、新平和ファッションタウン、東平和ファッションタウン、ファッション南平和、テクノ、ベルポスト、グァンヒファッションモールなどである。事業団は、特化ブランドアバウトディーの製品たちを商圏内にあるショールーム、バイヤー ラウンジに展示し、ソウル市内の主要商圏などにも披露し、ブランドの認知度と東大門商品に対するイメージを向上させる接点として活用する予定である。今後、様々なブランドたちとのコラボを通してPB(自体ブランド)商品としても開発する計画も推進中である。「メイドイン東大門」という認証システムを通してデザイン、品質、売り場の信用度面で消費者たちが信頼して取引できる売り場と商品を選別し、ブランドメンバーとして参加させるという方針である。空港や汽車駅では旅行客たちのためのシーズン別商品で構成されたポップアップストアを披露する等、「TPO(時間·場所·状況)」に応じて様々なコンセプトが共存する「マルチコンセプトキュレーション」が可能なブランドとしての立地を固めていく。また、ブランド内の各売り場に合う国内外衣類博覧会及び海外ショールーム参加を支援し、実質的な取引をする計画である。       他にもブランドの統合マーケティングを強化するためにその中に東大門伝統市場の弱点として指摘されてきたオンラインシステムも強化する。最近のトレンドに合わせてモバイル及びオンラインサイトをオープンし、基本的な市場情報と商品検索、ファッションに関する情報まで簡単に見つけることができるようにする予定である。チェ・チャンシク中区庁長は、「アバウトディー特化ブランドは、これまで低商品中心と限られた消費層のためのショッピング観光のイメージが強かった東大門商圏をグローバル化、多角化するという趣旨で行った」と言い、「消費者に選択の幅を広げた商品ラインナップを提供することで、今後東大門ブランドの付加価値を高めるのに注力し、グローバルブランド品市場としての踏み台のための支援を惜しまない」と述べた。    出先 :    http://www.nphbag.com/story/view.php?bidx=238&page=&searchStr=

NO.14   2017-07-12      

남평화_VR.jpg

[ファッション南平和] 南平和、360° 仮想現実(VR)サービス

    東大門の南平和バッグ商店街は、日中韓消費者を狙い、伝統市場では初めて東大門発電所が製作した360°仮想現実(Virtual Reality)サービスを実施すると発表した。ホームページ(www.nphbag.com)に入り、メイン画面の下部のNPH VRをクリックすると、売り場と商店街の内部全景を上下左右全ての方向に回転して見ることができる映像サービスだ。南平和市場商人会は「既存の技術では、商店街を紹介するのに足りない部分が多かった」と言い、「低迷に陥っている閉鎖的な伝統市場から抜け出し、グローバルブランド品市場に飛躍するために今回のサービスを導入した」と明らかにした。      出先:: http://www.nphbag.com/story/view.php?bidx=226&page=&searchStr=

NO.13   2017-07-12      

S02_1.jpg

[ファッションビーズ] 東大門グローバルブランド品市場特化ブランド「アバウトディー」23日ローンチング

  ソウル東大門市場がグローバルブランド品市場に挑みます。東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団(団長ザン・サンマン)は、明日(23日)午後6時から10時までソウル東大門素材の「ファッション南平和」の前の公営駐車場で東大門商人と市民、バイヤーとプレス、ソウル中区庁長などが参加する中、東大門グローバルブランド品市場特化ブランドである「アバウトディー(About D)」の発売イベントを持ち、本格的に育成事業に突入する。   今回の事業は、低コスト商品中心のバインとショッピング観光のイメージが強い東大門商圏の選択の幅を広げ、東大門ブランドの付加価値を高める作業である。これを通して2019年まで国内外の主要バイヤーたちと海外観光客が良く訪ねる世界的なファッションの見所に育成するという計画である。   特にサード(THAAD;高高度ミサイル防衛システム)配置の決定によるヨウカー(中国人観光客)減少の余波がまだ持続されている中で、この計画が東大門市場の限られた消費者層をグローバル化、多角化するのに寄与することと期待している。         東大門育成化事業の初ボタンは、東大門市場内のグローバル特化ブランドを推進する事業である。まず、東大門の8つ連合市場(平和市場、統一商店街、新平和ファッションタウン、東平和ファッションタウン、南平和商店街、テクノ、ベルポスト、グァンヒファッションモール)の商店街別特化されたアイテムを選別したブランド「アバウトディー」をこの日の行事をはじめに本格化する。以後、「メイドイン東大門」認証システムを企画し、デザイン、品質、売り場信用度の面で信頼して取引できる売り場と商品を選別、ブランドメンバーとして参加させる。今回のローンチングイベントは、東大門商圏内の屋外スペースを活用し、夏シーズンの必須アイテムである各市場の様々なTシャツをメインに展示したブランドポップアップブースを開く。また、ここを訪れる訪問客が直接参加できるイベントブース及び各種野外公演を広げてお祭りの場に作る。特に市場の商人たちと東大門バイヤー及び一般消費者にとって現場で行われるブランドの参加登録を通して東大門グローバルブランド品市場事業で支援する様々なメリットを享受できるようにする。これと共に、今後の「アバウトディー」が進むべき方向を対内外に積極的に広報するという戦略である。         育成事業団のある関係者は、「今回発売された「アバウトディー」の製品たちは、商圏内に設けられたショールーム、バイヤーラウンジなどに展示される」と言いつつ、「ソウル市内の主要商圏にも披露し、ブランドの認知度と東大門商品に対するイメージを向上させる接点として活用する」と述べた。また、「今後、様々なブランドとのコラボレーションを通して、PB商品としても開発される。長期的には空港や鉄道駅では、旅行コンセプトに合う楽なラウンジウェア商品だけで構成されたポップアップストアも企画している。TPOに応じて様々なコンセプトが共存する「マルチコンセプトキュレーションブランド」として地位を固めていく方針である。ここにブランドと各売り場に合う国内外の衣料品博覧会及び海外ショールームの参加で実質的な取引が行われるようにすること」と付け加えた。「アバウトディー」は、ブランドの統合マーケティングを強化する。これまで東大門伝統市場の弱点として指摘されてきたオンラインシステムが補強される。モバイル中心のサイトをオープンし、商品検索と市場情報及びトレンドを簡単に見つけられるようにすることである。           最近その重要性がさらに強調されているオン・オフラインビジュアルコミュニケーションのためのブランディング、MD、マーケティング、広告などの各分野の現職ファッション専門家が直接投入された。 4月末に行われたローンチングキャンペーンの撮影には、現在最も熱いインフルアンサーたちが大挙参加し、めったに見づらいビジュアルを作り出したという裏話だ。一方、古い市場だけのユニークで情感のある場所を背景に、最近グローバルなイメージで急浮上しているモデルが直接今回シーズンルックブックにキャスティングされた。これを海外バイヤーや観光客に強くアピールできる東大門誌「アバウトディーマガジン」初号に載せられた。ハングルと英文を共に表記したこのマガジンを東大門地域はもちろん、ソウル市内の流動人口が多いホットプレイスに配布し、より多くの人々が接することができるようにする計画である。本記事とイメージは、ファッションビーズに全ての著作権があります。盗難及び無断複製は著作権法により禁止されているため、許可なしに使用したり、変更・配布することはできません。         <著作権者ⓒFashionbiz、グローバルファッションビジネス専門マガジン。無断転載及び再配布を禁じます> 出先: http://www.fashionbiz.co.kr/TN/?cate=2&recom=2&idx=161166  

NO.12   2017-07-07      

30545-1a.jpg

[韓国繊維新聞] 東大門ブランド品「アバウトディー」発売・・・グローバル化始動

チェ・チャンシク中区庁長「信頼と希少価値の高いブランドで東大門市場発展の起爆剤」イ・スンヨル商人連合会長「時代的流れ反映、共同商標ブランドとして大衆的ブランド品志向」    東大門グローバルブランド品市場育成事業団(団長 ザン・サンマン)が6月23日グローバル 市場を目標としたブランド「アバウトディー(About D)」の公式ローンチング行事を行った。東大門グローバルブランド品市場育成事業団は東大門市場商人連合会とDOOTAモール、中小企業庁、ソウル市、中区庁の協約により組織された。東大門を代表する平和市場、統一商店街、新平和ファッションタウン、東平和ファッションタウン、南平和商店街、テクノ、ベルポスト、グァンヒファッションモール8つの連合市場の商店街別に特化されたアイテムを選別したグローバル特化ブランド「アバウトディー」をローンチングする。アバウトディー育成プロジェクトを通して東大門市場の付加価値を一歩高めるという趣旨である。この日の行事には、キム・ゾンアンソウル中区伝統市場協議会長、ホン・ソクギ観光特区会長、ゾ・ヨンマンDOOTA免税店&DOOTAモールの代表、チェ・チャンシク中区庁長、イ・スンヨル東大門グローバルブランド品市場商人連合会長、パク・ジョンウォンソウル商人連合会長、ベク・ミョンホソウル地方中小企業庁公共販路支援課長などが参加した。チェ・チャンシク中区庁長は、「ブランドが命であるファッション市場で「アバウトディー」がグローバル市場に進出できるように画期的なマーケティングと希少価値の高いブランドに育成し、東大門市場の発展の起爆剤になってほしい」と言いつつ、「アバウトディーが信頼と希少価値の高いブランドとして世界中のどこでも通じるデザインと商品力で世界市場を席巻することに全員が集中してほしい。東大門市場は、国内のファッション市場の貴重な宝物である。保有したインフラと共に発展する枠組みを作り、誰もが共生できるように最善を尽くしてほしい」と述べた。イ・スンヨル東大門グローバルブランド品市場商人連合会長は「東大門市場が苦難の歳月を経て新たな変化を感知し、時代の流れに従わなかった過酷な代価を払っている。異常な現実を直視し、うずくまって待つより生存できる方法を積極的に探す時だ」と述べた。また、「ファッション市場は急速に変化しており、競争が非常に激しい。東大門市場もこのような流れに合わせて速度ではなく、方向設定に全力を尽くさなければならない状況である。変化の最初のボタンとしてアバウトディーを東大門を代表できる共同商標ブランドとして育て、大衆的ブランド品を志向するグローバル事業の最優先課題にするのに皆が力を合わせてほしい」と述べた。一方、この日の行事では、東大門商圏内の屋外スペースを活用、夏シーズンの必須アイテムである各市場の様々な商品を展示したブランドポップアップブースを披露した。訪問者が直接参加できるイベントブース及び各種野外公演が一緒に交わる祭りの場を広げた。          ナ・ジヒョン記者jeny@ktnews.com Copyrightⓒ韓国繊維新聞社(www.ktnews.com)無断転載及び再配布を禁じますnbsp; 出先: http://www.ktnews.com/sub/view.php?cd_news=103745

NO.11   2017-07-07      

S0414.jpg

[韓国経済] 東大門の8つの市場共同ブランド「アバウトD」

      弘大等ソウルの所々にショールーム   東大門の商人たちが共同ブランド「アバウトディー(About D)」を出した。東大門の8つの連合市場の商店街別特化アイテムを選別し、共同ブランドを出したのだ。平和市場、統一商店街、新平和ファッションタウン、東平和ファッションタウン、南平和商店街、テクノ、ベルポスト、グァンヒファッションモールなどの商店街で長い間服を作ってきた商人たちが参加した。    これらは23日、東大門南平和市場に臨時売り場を開き、Tシャツ作りなど参加型イベントも開いた。アバウトディーは、東大門を象徴するDを立体的に作られたロゴが特徴である。水色、緑、マゼンタなどで構成した。アバウトディーは、下半期から売り場とショールームを開くなど、本格的にマーケティングに乗り出す計画である。この事業を主管している東大門事業団のチェ・ウンョン次長は「品質の良い商品、多様なデザインで東大門ファッションがグローバルブランドになれるように育てていく計画」と言いつつ、「下半期には小売と海外バイヤーのためのショールームなどを開く計画」と述べた。東大門事業団は、まず8つの商店街で選別した優れた綿素材のTシャツを購入した。各商人が作った商品をアバウトディーという編集ショップコンセプトの売り場で販売する方式であるわけだ。ポップアップストア(臨時売り場)を開き、ソウル所々にショールームを運営する予定である。若い層が多い弘大にはカジュアル中心の商品を展示・販売するショールームを、シニアのための高級商品は三成洞に、小売商人のためのショールームは新沙洞に開く方式である。中区庁は東大門ファッションブランドアバウトディーの世界化のために海外バイヤー誘致なども推進する計画である。国内外の衣類博覧会に服を出品し、海外にもショールームを開くなど積極的に支援する予定である。 ミン・ジヘ記者 spop@hankyung.com  出先: http://news.hankyung.com/article/2017062508461 ⓒハンギョンドットコム、無断転載及び再配布を禁じます

NO.10   2017-07-07      

S03_1.jpg

[ヘラルド経済] 中区、東大門の8つの連合市場ブランド「アバウトディー」公開

    [ヘラルド経済=イ・ウォンユル記者]ソウル中区(区庁長チェ・チャンシク)が平和市場などの東大門8つの連合市場の新しいブランド「アバウトディー(About D)」<写真>を披露する。区は、23日新堂洞にある南平和市場でブランドローンチングイベントを開催すると22日明らかにした。区は、安価商品中心のショッピング地域と東大門商圏の既存のイメージを変えようと、今回のブランドを開発した。ロゴは最大限に簡潔にした。 3つの色を通して東大門を象徴するアルファベット「D」を立体的に表現した。水色は東大門ファッションの歴史、緑は東大門ファッションの成長の可能性、マゼンタは東大門ファッションの情熱を意味する。この日の行事では、Tシャツなどの夏服を見ることができる市場別ポップアップブースとTシャツ作りなどの体験ブースも入る。 打楽器の演奏、バスキングなど野外公演も繰り広げられる予定である。区はこれから国内・外の衣類博覧会と海外ショールームに「アバウトディー」商品を出品する等ブランドの活性化に乗り出す計画である。 8つの連合市場内のデザインと品質に優れた売り場を選抜、「メイドイン東大門」認証を付与する事業も推進する。チェ・チャンシク区庁長は、「急変する流通環境で伝統市場が生き残るためには、特化された商品開発が非常に重要である」と言いつつ、「東大門の8つ連合市場を世界的なファッション市場にする」と述べた。yul@heraldcorp.com 出先: http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20170622000063 

NO.09   2017-07-07      

어바웃디로고2.PNG

[アジア経済] 東大門グローバル特化ブランド「About D」公開

23日午後6時、南平和市場でブランド「アバウトディー」公式ローンチングイベント[アジア経済バク・ジョンイル記者]中区(区庁長チェ・チャンシク)が東大門の8つの連合市場の商店街別特化アイテムを選別したブランド「アバウトディー(About D)」を披露する。       로고このため、23日午後6時南平和市場内の屋外スペースでブランドローンチングイベントが開かれる。今回ブランドの開発は、低コスト商品中心のショッピング観光イメージが強い東大門商圏の既存のイメージを脱皮、付加価値を高め、世界の人々が良く訪ねる東大門ファッションに生まれ変わるために推進するグローバルファッション韓流事業の一環である。現在東大門の8連合市場は、平和市場、統一商店街、新平和ファッションタウン、東平和ファッションタウン、南平和商店街、テクノ、ベルポスト、グァンヒファッションモールである。ロゴは簡潔で集中度の高いブランドコミュニケーションを考慮して製作された。 3つの色を使い、東大門を象徴するアルファベットDを立体的に具現している。水色は東大門ファッションの悠久な歴史、緑は東大門ファッションの無限的な成長、マゼンタは東大門ファッションの情熱を意味する。ローンチングイベントでは、ロゴの紹介に加え、夏シーズンの必須アイテムである各市場の様々なTシャツをメインに展示したブランドポップアップブースが運営される。また、Tシャツ作り、ラッキークレーンなど市民が直接参加するイベントと打楽器の演奏、バスキングなどの各種野外公演が加える予定である。このように市場商人と東大門バイヤー、顧客を対象にブランドの参加登録を奨励し、東大門グローバルブランド品市場事業と新ブランド「About D」を積極的に広報する。今後、中区はグローバル事業団と手を組み、デザイン、品質、売り場の信用度の面で信頼して取引できる売り場と商品を選別するために「メイド・イン・東大門」認証システムを整える 。加えて国内外の衣料博覧会及び海外ショールームに東大門特化ブランド「About D」商品として参加するようにし、実質的な取引を通じたブランドの活性化を図る計画である。チェ・チャンシク区庁長は、「急変する流通環境で伝統市場が生き残るためには、特化された商品開発が非常に重要である」と言いつつ、「今回のブランドローンチングをはじめに東大門だけの商品開発を積極的に支援し、世界的なファッション市場として育成する」と述べた。バク・ジョンイル記者 dream@asiae.co.kr 出先: : http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&oid=277&aid=0004019227&sid1=001&lfrom=kakao

NO.08   2017-07-07      

쿠키뉴스.jpg

[クッキーニュース] 東大門市場、グローバル商人教育プログラム運営

[クッキーニュース=ギム・テグ記者]中小企業庁とソウル特別市、ソウル市中区庁は東大門市場グローバルブランド品市場商人連合会及び東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団と共に4月25日から今月13日まで東大門市場グローバル商人教育プログラムを各市場の教育長で運営すると明らかにした。今回商人教育は東大門市場がグローバルブランド品市場で跳躍できる基盤構築を目標に需要者中心の実践型商人教育カリキュラムに構成し、グローバル力量強化のための教育的支援を必要に応じて運営している。教育カリキュラムはセールス中国語、顧客応対スピーチ、SNSマーケティングなどである。事業運営側は、グローバル商人教育を終えた後には、英語、中国語、日本語で構成された簡単で分かりやすい外国人応対マニュアルハンドブックを制作し、各市場の商人たちに配布する予定である。ファッション専門グローバルブランド品市場としての顧客サービスの水準を向上させ、市場競争力の強化及び市場の特性に特化された会話の内容で構成し、外国人の顧客とバイヤーとの現場疎通ができるように活用度を高める計画である。東大門市場グローバルブランド品市場育成事業は、ソウル市中区所在の新平和ファッションタウンなど東大門圏8つの伝統市場が「2016年度グローバルブランド品市場」に選ばれた。東大門グローバルブランド品市場事業の対象市場は、新平和ファッションタウン、南平和商店街、同平和ファッションタウン、狂喜ファッションモール、ベルポスト、統一商店街、平和市場、テクノなどの8つの市場で中小企業庁、ソウル市、中区庁が支援する市場経営革新支援事業に選定され、3年間国費含む合計50億ウォンの支援を受ける。東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団(団長ザン・サンマン)は、「今回のグローバル商人教育運営が創造志向的、実務志向教育を通して専門性を強化させ、成功的なグローバルファッション卸売市場としての目標を達成するのに役立つことを願う」と言いつつ 「商人たち教育にお菓子の提供など、利便性の向上と相互のコミュニケーションのための教育基盤を拡大するためにさらに努力する」と述べた。 ktae9@kukinews.com 出先: http://www.kukinews.com/news/article.html?no=458577

NO.07   2017-07-07      

rokmc439020170602100720_X_02_C_1.jpg

[デイリー韓国] 東大門市場、「グローバル商人教育プログラム」で市場競争力強化に挑む

    [デイリー韓国オンラインニュースチーム] 中小企業庁とソウル特別市、ソウル市中区庁は 、東大門市場グローバルブランド品市場商人連合会及び東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団と共に今月13日まで東大門市場グローバル商人教育プログラムを各市場の教育場で運営すると2日述べた。今回の商人教育は、国内最大のファッション卸売市場の東大門市場がグローバルブランド品市場として跳躍できる基盤の構築を目標に需要者中心の実践型商人教育カリキュラムで構成され、グローバル能力強化のための教育的支援が必要に応じて運営されている。特に教育カリキュラムは、商人が求める需要者カスタム講義内容を提示し、各市場別に事前申請を受け、専門講師陣を構築、教育をはじめ、参加している商人たちに高い好評を得ている。需要調査で1位を占めた「セールス中国」と顧客応対に必要な「スピーチ」及び「SNSマーケティング」講座を体系化した。韓国語が堪能なネイティブ講師の実践に必要なカスタマイズ教育で構成されるセールス中国語は、現場での中国観光客応対に対する商人のコミュニケーション能力を向上させており、市場競争力の強化に効果的な成果を期待している。東大門市場商人対象教育課程は、「セールス中国語、スピーチ、SNSマーケティング、VMD、サービステラピー」などの5つの分野で行われており、120人余りの商人たちが夜通し商売を終えた夜明け5時30分から2時間ずつグローバルのマーケターになるための情熱で教育に参加している。グローバル商人教育を終えた後には、英語、中国語、日本語で構成された簡単で分かりやすい外国人応対マニュアルハンドブックを制作し、各市場の商人たちに配布する予定である。ファッション専門グローバルブランド品市場としての顧客サービスの水準を向上させ、市場競争力の強化及び市場の特性に特化された会話の内容に構成し、外国人の顧客とバイヤーとの現場コミュニケーションができるいうぬ活動度を高める計画である。ハンヨウンスン、新平和ファッションタウン商人連合会長は「10年間、いくつかの商人教育を進めてきましたが、今回の教育は商人に合わせて教育内容を構成しており、熱心な講師と進行事業団の積極的な現場の親和性で商人の満足度が非常に高い。中国の観光客が多く減ったとはいえ、商人たちが習いづらかった中国語を簡単に教育できるように市場内で好きな時間に教育を受けられる点がとても役に立った。これから中国語、英語、日本語も継続的な現場教育が行ってほしい」と期待感を表した。東大門グローバルブランド品市場事業の対象市場は、新平和ファッションタウン、南平和商店街、東平和ファッションタウン、グァンヒファッションモール、ベルポスト、統一商店街、平和市場、テクノなどの8つの市場で、中小企業庁、ソウル市、中区庁が支援する市場経営革新支援事業に選定され、3年間国費含む合計50億ウォンの支援を受ける。チェ・チャンシク、ソウル市中区庁長は「東大門市場が清渓川と東大門デザインプラザ(DDP)と接続されたソウル都心観光名所として、外国人観光客が良く訪ねるの観光地として位置づけられ、韓流ファッションの文化とショッピング観光の中心地になり、韓国人はもちろん、外国人に愛される場所に特化されることを願う」と述べた。今回のグローバル商人教育プログラムは、中小企業庁 - 東大門市場グローバルブランド品市場商人連合会 - ソウル市 - 中区庁一と共にする民間協力プロジェクトで運営されており、DOOTAモール(株)では、遂行機関の資格で「東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団」を組織し、商人たちのグローバル力量の強化を通し、2019年まで国内外のバイヤー及び観光客が良く訪れる世界的なファッション市場に育成する計画である。ザン・サンマン東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団長は「今回のグローバル商人教育運営が創造志向的、実務志向教育を通して専門性を強化させ、成功的なグローバルファッション卸売市場としての目標を達成するのに役立つことを願う」と言いつつ「商人たちへの教育にお菓子の提供など、利便性の向上と相互のコミュニケーションのための教育基盤を拡大するためにさらに努力する」と述べた。   出先: http://m.hankooki.com/m_dh_view.php?WM=dh&FILE_NO=ZGgyMDE3MDYwMjEwNDY1NjEzODE2MC5odG0=&ref=m.search.daum.net#_adtep  

NO.06   2017-07-07      

국민일보_20170609.jpg

[ファイナンシャルニュース] 東大門市場「グローバル商人教育プログラム」で力量強化に挑む

    中小企業庁とソウル特別市、ソウル市中区庁は、東大門市場グローバルブランド品市場商人連合会及び東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団と共に6月13日まで東大門市場グローバル商人の教育プログラムを各市場の教育場で運営すると1日に明らかにした。今回の商人教育は、国内最大のファッション卸売市場である東大門市場がグローバルブランド品市場で跳躍できる基盤構築を目標に需要者中心の実践型商人教育カリキュラムに構成し、グローバル力量強化のための教育的支援の必要に応じて運営している。特に教育カリキュラムは、商人が求める需要者カスタム講義内容を提示し、各市場別に事前申請を受け、専門講師陣を構築し、教育をはじめ、参加する商人たちに高い好評を得ている。需要調査で1位を占めた「セールス中国語」と顧客応対に必要な「スピーチ」及び「SNSマーケティング」講座を体系化した。韓国語が堪能なネイティブ講師の実践に必要なカスタマイズ教育で行われるセールス中国語は、現場で中国観光客応対に対する商人のコミュニケーション能力を向上させており、市場競争力強化に効果的な成果を期待している。東大門市場商人対象の教育課程は、「セールス中国語、スピーチ、SNSマーケティング、VMD、サービステラピー」などの5つの分野で行われ、120人の商人たちが夜通しで商売を終えた夜明け5時30分から2時間ずつグローバルマーケターになるための情熱で教育に参加している。グローバル商人教育を終えた後には、英語、中国語、日本語で構成された簡単で分かりやすい外国人応対マニュアルハンドブックを制作し、各市場の商人たちに配布する予定である。ファッション専門グローバルブランド品市場としての顧客サービスの水準を向上させ、市場競争力の強化及び市場特性に特化された会話内容で構成し、外国人の顧客とバイヤーとの現場での疎通ができるように活用度を高める計画である。ハン・ヨンスン新平和ファッションタウン商人の連合会長は「10年間、様々な商人教育を進めてきましたが、今回の教育は商人に合わせた教育内容で構成されており、情熱的な講師と進行事業団の積極的な現場の親和性で商人の満足度が非常に高い。中国の観光客が多く減ったとはいえ、商人たちが近づけなかった中国語を簡単に教育できるよう市場内で好きな時間に教育を受けることができた点はとても役に立った。これから中国語、英語、日本語も継続的な現場教育が行ってほしい」と期待感を見せた。東大門グローバルブランド品市場事業の対象市場は、新平和ファッションタウン、南平和商店街、東平和ファッションタウン、グァンヒファッションモール、ベルポスト、統一商店街、平和市場、テクノなどの8つの市場で、中小企業庁、ソウル市、中区庁が支援する市場経営革新支援事業に選定され、3年間国費含む合計50億ウォンの支援を受ける。今回のグローバル商人教育プログラムは、中小企業庁 - 東大門市場グローバルブランド品市場商人連合会 - ソウル市 - 中区庁と共に民間協力プロジェクトで運営されており、DOOTAモール(株)では、遂行機関の資格で「東大門市場グローバルブランド品市場の育成事業団」を組織し、商人たちのグローバル力量の強化を通して、2019年まで国内外のバイヤー及び観光客が良く訪れる世界的なファッション市場に育成するという計画である。チェ・チャンシク、ソウル市中区庁長は「東大門市場が清渓川と東大門デザインプラザ(DDP)と接続されたソウル都心観光名所として、外国人観光客が良く訪ねる観光地に位置づけられ、韓流ファッションの文化とショッピング観光の中心地となり、韓国人はもちろん、外国人に愛される場所に特化されることを願う」と伝えた。東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団(団長ザン・サンマン)は、「今回のグローバル商人教育運営が創造志向的、実務志向的教育を通して専門性を強化させ、成功的なグローバルファッション卸売市場としての目標を達成するのに役立つことを願う」と言いつつ、「商人たちの教育にお菓子の提供など、利便性の向上と相互コミュニケーションのための教育基盤を拡大するためにさらに努力する」と明らかにした。 yutoo@fnnews.comチェ・ヨンヒ中小企業専門記者   出先: http://www.fnnews.com/news/201706011405514632※著作権者ⓒファイナンシャルニュース 無断転載 - 再配布禁止

NO.05   2017-07-07      

국민일보_20170609.jpg

[国民日報] 東大門市場、卸売商人たちに中国語教育 · 売り場管理法教育」注目

      東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団(団長ザン・サンマン)は、東大門内の選定された8つの卸売市場を対象に商人教育プログラムを運営すると明かした。東大門市場グローバルブランド品市場育成事業は、国内ファッション卸売市場の中心である東大門市場を2019年まで国内外のバイヤーと観光客及び国内消費者が良く来る世界的なファッション見所に新たに踏み出させるための事業である。中小企業庁、ソウル市、中区庁が支援する市場経営革新支援事業に選定され、3年間国費含む合計50億ウォンの支援を受ける本教育は、東大門内の8つの卸売市場がグローバルブランド品市場として跳躍するための本格的なプロジェクト進行に先立ち、市場の核心である商人たちの能力を強化するための一環として企画された。教育課程は、セールス中国語、スピーチ、SNSマーケティング、VMD、サービステラピーなど商人の事前需要調査を通して選定された5つの分野で行っている。様々なビジネスの状況に対処できる中国語会話からトレンドに合わせたオンラインマーケティングとオフライン売り場マーケティングまですぐに適用できる現実的なプログラムで構成された。商売を終えた夜明け5時30分から2時間ずつ行われる教育は、これまでの約500人の商人が参加するなど、熱い熱気を見せている。教育の以降は、英語、中国語、日本語で構成された応対マニュアルハンドブックを制作し、配布する予定である。東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団のザン・サンマン団長は「今回の教育は、市場活性化において一回限りのイベントや支援ではなく、市場の根本的な競争力を高められる方案として始まったプログラムである」とし、「今後も東大門市場がグローバルファッション卸売市場として跳躍するための方案を多角的に眺望し、段階的に進める予定だ」と明かした。  コンテンツチームイ・セヨンlovok@kmib.co.kr     出先: http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0011528836&code=61141611&cp=nv

NO.04   2017-07-07      

서울경제1.jpg

[ソウル経済] 東大門市場、グローバル市場に備えた合わせ型「商人教育プログラム」を開く

- 도매상인들에게 중국어 교육 및 매장 관리법 교육’ 눈길     東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団(団長ザン・サンマン)は中小企業庁、ソウル特別市、 ソウル市中区庁及び東大門市場グローバルブランド品市場商人連合会と共に東大門内の8つの卸売市場を対象に需要者中心実践型商人教育プログラムを運営している。商人のグローバル力量を強化する教育を支援することで東大門市場が国内外のバイヤー及び観光客に特化された世界的なファッション卸売市場になるという目標である。特に商人たちの事前需要調査を通して現場に必要な講義プログラムを構成し、商人に合わせた講義を行い、大きな好評を得ている。講座は需要調査で一位を占めた「セールス中国語」を始め、「スピーチ」、「SNS マーケティング」、 「VMD」、「サービステラピー」などで構成されている。既存の大企業や百貨店で試した教育プログラムを東大門卸売商人たちを対象に行っていることが注目に値する。このような徹底した需要者中心のプログラムのおかげで今まで約 500人の商人たちが参加し、高い熱気を見せている。夜明け商売をする商人たちを配慮して夜明け5時30分から講義を行うなど、進行事業団の積極的な努力があったからである。今後は、英語、中国語、日本語で構成された応対マニュアルハンドブックを配布し、より高いレベルの現場コミュニケーションサービスを用意する予定である。東大門市場グローバルブランド品市場育成事業は中小企業庁、ソウル市、中区庁が支援する市場経営革新支援事業に選定され、3年間国費含む合計50億ウォンの支援を受ける。進行事業団は、2019年まで東大門市場を世界ブランド品卸売市場として育成させるために市場の競争力を強化させることができる様々なプロジェクトを準備中であると明かした。東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団のザン・サンマン団長は「商人たちとのコミュニケーションを基に実質的に役立つことができる教育プログラムを行う分、グローバル市場としての跳躍を期待している」とし、「市場の根本的な競争力を強化して東大門市場が韓流ファッションの中心地として生まれ変わるためにさらに努力する」と伝えた。 /キム・ドンホ記者dongho@sedaily.com <<著作権者ⓒソウル経済、無断転載及び再配布禁止>> 出先: http://www.sedaily.com/NewsView/1OH4SJ8A9C

NO.03   2017-07-07      

한경1.jpg

[韓国経済] 東大門市場、グローバルブランド品市場の跳躍のための「商人教育プログラム」運営

  東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団(団長ザン・サンマン)は、東大門内で選定された8つの卸売市場を対象に商人教育プログラムを運営する。2019年まで外国人観光客たちと国内消費者たちが良く来る世界的なファッション名所として育成するための一環として実践型商人教育プログラムを行っている。既存の大企業や百貨店などで挑戦した教育プラグラムを東大門卸売商人たちを対象に行っていることが注目に値する。東大門市場グローバルブランド品市場育成事業は、国内ファッション卸売市場の中心である東大門市場を2019年まで国内外バイヤーと観光客及び国内消費者たちが良く来る世界的なファッション名所として新しく踏み出すための事業である。中小企業庁、ソウル市、中区庁が支援する市場経営革新支援事業に選ばれ、3年間国費を含め、総50億ウォンの支援を受ける。本教育は東大門内の8つ卸売市場がグローバルブランド品市場として跳躍するための本格的なプロジェクトに先立って、市場の革新である商人たちの力量を強化するための一環として企画された。教育過程は △セールス中国語 △スピーチ △SNSマーケティング △VMD △サービステラピー等の商人たちの事前需要調査を通して選定された総5個分野で行っている。様々なビジネス状況に対処できる中国語会話からトレンドに合わせたオンラインマーケティングとオフライン売り場マーケティングにまですぐ適用できる現実的プログラムに構成されている。商売を終えた夜明け5時30分から2時間ずつ行われる教育に今まで約500人の商人たちが参加するなど熱い熱気を見せている。教育以降には英語、中国語、日本語で構成されている応対マニュアルハンドブックを制作及び配布する予定である。東大門市場グローバルブランド品市場育成事業団の ザン・サンマン団長は「東大門市場の活性化において一回性イベントや支援ではなく、市場の根本的な競争を高められる法案として始まったプログラムである。グローバルの消費者たちに東大門市場を洗練された韓国のファッション文化を代弁する市場として位置づけられるために全体市場と個別店舗の競争力を高められる法案を考えたのである」と伝えた。ハンギョンドットコムニュースチームnewsinfo@hankyung.com出先:http://news.hankyung.com/article/201706093494a

NO.02   2017-07-07      

thumb-20170707105429_bd733dae5c0df9d68af59cfde091e00a_2wuq_600x450.jpg

[ヘラルド経済] 東大門市場グローバル特化ブランド養う

- 市場内8つ連合卸売市場特化ブランド5月に初見せ  - 「メイドイン東大門(仮称)」認証システム企画   [ヘラルド経済=ハン・ジスク記者] ソウル市、中区、中小企業庁が共同推進する東大門市場育成事業団(団長ザン・サンマン)は2019年まで東大門市場をグローバルファッション名所で育成する計画を始めると23日に明らかにした。   最近、政府のサード(THAADㆍ高高度ミサイル防御体系)配置決定によるヨウカー(中国人団体観光客)減少の余波が伝統市場まで拡散される中で出た計画であるため、注目される。     まず、東大門市場内8つ連合卸売の商店街別特化されたアイテムを選別したブランドを5月に見せる。以降、「メイドイン東大門(仮称)」認証システムを企画し、デザイン、品質、売り場信用度などを信じ、取引できる商品と商人を選別する計画である。   こうして発売されたグローバル特化ブランドは東大門内のショールームに展示し、ソウル市内主要商圏にポップアップストアも開く予定である。続いてブランドの認知度うと東大門商品に対するイメージを高め、様々なブランドとのコラボを通してPB商品としても開発する予定である。来年に空港や汽車駅でポップアップストアを運営し、国内外衣類展示会と海外ショールーム参加も推進する。また、東大門市場と商品を案内するウェブサイトを英文、中文を追加し、新しく作る。   jshan@heraldcorp.com 出先: http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20170323000741

NO.01   2017-07-07      

 

 

 


instagram 이메일 하단 로고와 주소 숨기기
동대문 패션 도매시장 Dongdaemun Fashion Wholesal Market (DFWM)

東大門ファッション卸売市場 04563 ソウル特別市 中區 ウルジロ 39-ギル 40

Copyright © Dongdaemun Fashion Wholesale Market All Rights Reseved.

TOP