history JPN

본문 바로가기
사이트 내 전체검색


DFWM’s History   東大門市場の歴史と伝統をタイムラインで一目で確認することができます。

国家代表伝統市場、東大門市場の歴史

 

100年の歴史を誇る国家代表伝統市場である東大門市場
DFWMがある以前の東大門市場と周辺の地域にどのような変化があったか、今のグローバル市場になるまでの喜怒哀楽の話を伝えます。

 




漢陽の3大市長イヒョン、
乱戦で史上東郷の本拠地に(朝鮮時代末)

東大門一帯に市場が形成されたのは、朝鮮後期イヒョン市場が入ってきてからである。 イヒョン市場はべオゲ[梨峴]の南一帯に位置した市場では、今日の広場市場の前身であり、東大門商圏の始原とも言える。 当時の実学パク・ゼガはべオゲ場について次のように述べた

イヒョン(東大門市場の前身)と鐘楼(チョンノ)チルペ(西小門付近)は、都城の三大市場だね。 多くの工場(工匠)と生業人が集まり、肩をかすめ、あらゆる水換えが利益を追いかけワゴンが続いたね。

- 「バクチョゾンハンヤンソンシゾンドガ(朴楚亭漢陽城市全圖歌)」(国立中央図書館所蔵)

べオゲイヒョンから広場会社東大門市場へ(1905)

ソウルの3大市場として名声を降らしていたイヒョンは、開花期外国商人の浸透と中間拠点であった外郭商圏が崩れ、困難を経験した。 イヒョン市場は巨商バク・スンジク(斗山グループ創設者)を筆頭に、1905年広場会社の東大門市場に生まれ変わり、南大門市場に加え、両大市場として位置づけされた。

民族と共にする東大門市場

東大門市場を始めとするソウルの市場は、チョルシを頻繁に行った。 以前の時期には、王が死んだり天災などがある時にチョルシを行ったが、この時期には独立運動に同参するために市場の扉を閉める場合が多かった。 1919年3.1運動の時にはソウル全域の商店街の大部分がチョルシすることにより、万歳運動への同参と日本に抵抗する意志を現した。 日本の警察が店の扉を開けることを強要したが、ソウル市長は4月中旬まで依然とチョルシを続けた。 1926年スンゾンが死亡すると、ソウル市内の全市長がチョルシし、スンゾンの大祥の時にもチョルシし、歌舞音曲を一体停止した。

バク・スンジク商店「バクガブン」の大ヒット神話(1922年)

東大門市場は、工場製商品の拡散と生活様式の変化、日本人の流入と人口の増加などで取引商品もまた増々多様化された。 女性が良く訪ねる粉とクリーム、口紅、ローション、化粧水、香水等の化粧品と髪に塗るツバキ油、香油なども人気のある商品だった。 特に「バクガブン」が有名でしたが、すぐに東大門市場のバク・スンジク商店で開発した商品だった。 当時の広告に「奥さん化粧界の覇王」と宣伝し、旋風な人気を集めており、一日に5万甲を販売するほどだったそうである。

東大門市場、一介市場で世界的超大型ファッションタウンで

「東大門市場」と呼ばれる東大門一帯市場は、解放以後画期的な発展を遂げてきた。 特に1960年代近代的商店街の平和市場(1961)の成功で清渓川一帯には縫製工場が密集されていた。 平和市場の成功により統一市場、ドンファ市場、城東商店街などの大型商店街が次々に入り、 生地及び副資材の市場である東大門総合市場(1969)が完成されることにより衣類専門市場の性格が強化され、東大門市場は全国的ファッション衣料品市場としての地位を固めるようになった。

労働運動の炬火

ゾン・テイル烈士は、1970年9月に平和市場に戻ってサムドンファを組織した。 1970年11月13日昼1時30分頃、彼は焼身ことは70年代初の民主労組である全国連合労組清渓被覆労働組合が誕生する直接的な背景となった。

国民所得2万ドル時代の担い手、東大門市場

80年代に入り、東大門一帯市場は海外輸出の道を開き、衣類輸出基地と位置づけされた。 1980年初頭の台湾で衣類輸出を始め、1987年に至っては、輸出量が急増した。 88ソウルオリンピック競技大会を成功的に開催した後、東大門一帯市場の衣類輸出はさらに増加した。

韓流のリーダー、東大門市場(1988)

88オリンピックの成功的開催成功に続き、1990年代東大門市場にはロシア、日本、中国、モンゴル、東南アジアなど世界各地の行商人が押し寄せてきた。 これらを通して東大門市場の服が世界市場で売れ、韓流の重要な品目となった。

東大門市場、東大門ファッションタウン観光特区に指定

2002年5月23日東大門市場は、「東大門ファッションタウン観光特区」に選ばれた。 伝統市場と現代式ショッピングモールが混在された世界最大規模のファッション産業の集積地として26個の大型商店街との3万の店舗、15万人の従事者たちが企画、 生産、販売をワンストップシステムに東大門半径1km内で全て解決している単一地域、世界最大の衣類ファッション市場である。

柳橋に建てられたゾン・テイル銅像

鍾路区鍾路5街319番地と中区乙支路6街17番地の間で清渓川に柳橋がある。 清渓川が復元され、2005年に竣工され、労働運動を象徴して祀るゾン・テイル銅像が建てられて別名ゾン・テイルとも呼ばれる。

東大門伝統市場の再跳躍

6-70年代成功神話の主役であった東大門伝統市場は、90年代新式市場の登場で停滞した。 これにより設備を近代化し、区民の生活便利と観光客誘致の促進で地域経済を活性化しようとした。

大韓民国を越えてグローバルブランド品市場としての飛躍

2016年7月11日、「外国人観光客の誘致を通じた伝統市場活性化」のために「東大門市場の商人連合会 - DOOTAモール - 中小企業庁 - ソウル - 中区庁」が力を合わせ、「東大門グローバルブランド品市場育成事業団が構成された。 東大門市場の8つの市場(平和市場、ファッション南平和、東平和ファッションタウン、グァンヒファッションモール、ベルポスト、統一商店街、平和市長、テクノ)が市場経営革新支援事業のグローバルブランド品市場として選ばれ、3年間国費含む合計50億ウォンの支援を受ける。 商人のためのグローバル教育が提供され、バイヤーのためのバイヤーラウンジが造成される等の様々な事業が採択された。

1100以上の縫製会社、約3300人の縫製業者

ファッションの中心地である東大門市場の背後生産地であるチョンシン洞に縫製博物館が入る。 ソウル市初の「縫製博物館」であり、博物館を中心に「縫製距離」が造成される。

東大門ファッション卸売市場DFWMと特化ブランドABOUT D

グローバルブランド市場のアイデンティティ、DFWM(Dongdaemun Fashion Wholesale Market)とDFWMの特化ブランドABOUT Dが作られた。 東大門市場のグローバルブランド品市場育成事業団が1次年度の計画に着手することにより、アーティストとの協業を通して特化距離が造成され、オンラインプラットフォームのウェブサイトが構築され、効果的なコミュニケーション通路が開放された。

 

 

東大門周辺を見回ってみてください

 

 

  • 수도의 동쪽 성문 동대문
  • 도심 속 물길을 따라 청계천
  • 즐길거리, 볼거리, 먹을거리 DDP
  • 청년의 예술 문화 대학로
  • 역사가 숨쉬는 쉼터 동대문성곽공원
  • 고궁의 역사속으로 창덕궁

 

 

 

 


instagram 이메일 하단 로고와 주소 숨기기
동대문 패션 도매시장 Dongdaemun Fashion Wholesal Market (DFWM)

東大門ファッション卸売市場 04563 ソウル特別市 中區 ウルジロ 39-ギル 40

Copyright © Dongdaemun Fashion Wholesale Market All Rights Reseved.

TOP